« 何となく… | トップページ

2011年12月 9日 (金)

結局転院・・・

前回のブログで最後の場所を探しに旅に出ましたが、そこまで追い詰められていたのが・・・

 

 

結局は医師と病院・・・

 

 

 

理由は少し時間がさかのぼってしまうのですが10月末ごろ、休職後退職となって病気によって退職したので失業手当の受給開始時期の延長の手続きをするため病院側に病状証明書なるものを書いてもらっていたのですが、いざ内容を確認するとまったく意味の無いものに・・・

 

その書類を書いた日付はまだ自宅療養のため休職が必要との診断書の期限内であるにもかかわらず、「仕事する事が可能」となっていました。

提出の期限も迫っていたのでその日は既に診察時間が終わっていたので、次の日に病院に電話し医師に説明をしてもらうことに・・・

そこで医師からまず出た言葉は

 

退職になった日は休職の途中であったから仕事することを可能だということにした

 

と・・・、その書類の判断基準はその書類を作成した日・・・、医師に

 

この書類の意味わかっていますか?

 

と、問いかけると逆ギレ

 

そもそも、私と相談して決めたことでしょう

 

と、既に先の話と食い違っています。

私がお願いしたのはその上の部分だけ、あとは分からない事があったら電話しますと・・・

何かを受給しているかの問い合わせはあったもののそのことについてはありませんでした。

で、その医師とは4年間通院や入院をしましたが1年ほどしか診てもらっていません。

それまで、月に1度ですがずっと通院してきてその日始めてまともに話す機会ができてわかった事が多数・・・

 

・自分は前の先生がそうだったので会話をしっかりするものだと思い、その医師が話をし始めてすぐ返事のつもりで話をしていたのですが、その医師曰く

 

自分が話し始めても私が途中で話を始めてしまうので私は話を聞いてくれない人だと決め付けていたと

 

たとえそうだったとしても、患者を説得し話を聞いてもらえるまで続けるのも医師の勤めだと私は思うのですが・・・

 

・その病院は予約制をとっているので予約を予約としたいので、一人の患者にかける時間に制限を設けていると

(以前の医師は予約制ではあったのですが時には時間をかけてしっかりと聞いてくれていました)

(比較対照としておかしいかもですが、市立病院の泌尿器科より時間ぴったりで診療が始まります。)

 

・私には投薬治療ではなくカウンセリングのほうが必要だと以前から思っていましたと

 

・私が話を聞いてくれない、私の話が長い、予約時間だけは守りたいとの事で、その医師は何も言わなかった。

 

・自分は大学からの期限不定の出向であるのでいつ辞めるかもわからない。

 

このとき薬は以前の医師も突然辞められてしまって医師に対しての不信感が増した上に仕事をしていて、薬が無くてもしばらく調子がよかったので断薬してしまった私にも非は当然あるのですが、再び調子が悪くなった時に今まで飲んでいた量の薬をすぐにまた飲むのは体に負担が掛かるので一度減らして徐々に増やしていきましょうと言われていましたが、増えることも無く休職・退職まで行ってしまいました。

 

で、その事が判明したのが休職させられて自殺計画までして更に3ヵ月後、その間もカウンセリングが必要だと思っている医師なので薬の変更も何もなし、私に対しても何の説明もなし・・・

 

大学からの出向だということを踏まえるとこの医師の方針は病院の方針そのもの、出向の医師は大学での地位を守るためには出向先の言うことを聞かないわけにはいかないですからね。

 

その時私は薬依存になってしまうことに対しても不安があるとこと行っていたのですが、医師としてはたとえ薬が増えることになってもまず根本を落ち着かせるのを説得するのも医師の務めなんじゃないですかと言いました。

 

そして、その1週間後に通常の予約での診療で再び病院にいったのですが、カウンセリングは保険対象外なので、受けることは難しい(受けないとは言って無いです)とは言いましたが、その病院で行っているカウンセリングについての話を他の人に変わってでもあるのかと思いきや何もなし、結局それまで飲んでいた薬を2錠から3錠に増やされました。

医師としてのプライドすらねぇ( ̄  ̄メ)

 

そして薬が増やされ、1週間ほどたつと今までの事が嘘だったかのように体調がよい方向に向かっていきました。

そこで仕事をしていると気に徐々に薬の量を戻していきましょうと話を思い出しました。

たった、1錠でこれほど体調に変化が現れたのですがから仕事をしている時にきちんと戻してくれていたならば職を失わず、先に対する不安も少なくて済んだのではないかとの怒りもわいてきました。

そして、休職の診断書とすぐ口にしたのも毎回きちんと私の話を聞いていれば、その時私から仕事を奪うことのほうがどれほど危ないかもわかったのではないかとの怒りもわいてきました。

 

そこまできてしまうともうその病院に近づくだけで調子が悪くなってしまいます。

たまたまネットを徘徊していた時に役所の方でも相談できるに乗ってくれるとの事だったので思い切って行ってきたのですが、やはりもう少し元気になったら転院したほうがいいかもしれませんねとアドバイスを頂きました。

 

そのアドバイスを頂いてから更に1週間ほどたってからでしょうか、その間病院にいったわけでは無いですが増えた薬がしっかりと効き始めたので思い切って転院しようと初診は予約で窓口に直接来て頂いても相談に乗りますとの病院にまず行って、今までのことを話したら、まずは紹介状を持って予約してくださいと門前払い

その紹介状をとりに行くのも大変なんだって言ってるにもかかわらずです( ̄  ̄メ)

 

次に他の病院に電話で事情を説明して予約をとろうと思ったのですが、散々はじめに電話に出た人に話したあとに相談室の方に電話を回されまた同じ話をして口調が柔らかくなっただけで紹介状が無いと診れないと門前払い( ̄  ̄メ)

 

 

その後、何正直に私は話をしているんだろうと思い近くの予約制ではない心療内科に行きました。

心療内科でもうつは見てくれるものだとばっかり思っていたのですが、苦手な先生もいらっしゃるのですね。

それでも、薬だけは出しましょうと言ってくださって、更にいい加減な医師の前の処方箋をまだ持っていたので薬の種類も変更してもらえました。

 

これでなんとか薬だけは確保できました。

 

うつ病は苦手だとおっしゃっているのでまた転院すると思うのですが、とりあえずは一安心。

それでもやっぱり紹介状はあったほうがいいとおっしゃっていたので私のある意味わがままを聞いてくれて薬を処方してくださったので、頑張って電話で注文(*゚∀゚)゛

 

本来は医師と話し合って出すものらしいのですが、幸いその日はその医師は休みでケースワーカーとの電話での話のみで済みました。

それでも先日取りに行ってきたのですが、その病院に行かなきゃならない、そして近づいてくるにつれて不安がものすごく大きくなって調子が悪くなりましたね。

 

まだまだ、先は真っ暗ですがその病院に殺されることはなくなったかなと思います。

 

ついでに、2軒だけですが病院に助けを求めても紹介状が無いとダメだと門前払いをしている病院がうつでの自殺者の数を増やしているのかなぁ~などと思ってしまいました。

 

 

 

そもそも紹介状って、大きな総合病院など医療機器のそろった病院に軽い症状の患者を少なくして重症の患者さんをより多く助けるためにあるものだと思っていたのですが、なぜか医療の手抜きに使われているようにしか思えないですね。

« 何となく… | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/526218/53442143

この記事へのトラックバック一覧です: 結局転院・・・:

« 何となく… | トップページ